WINERY

Sorelle de Nicola FEYLES
ソレッレ・デ・ニコラ・フェイレス

マリア・フェイレスと、マリアの義理の息子、アントニオ・デ・ニコラによって1964年に設立されたワイナリー。最初のブドウ畑はバルバレスコの中心部にある Neive(ネイヴェ)村の土地、Montesommo(モンテソッモ)に作られました。それから、Langhe(ランゲ)の丘に畑を広げ、今では、7ヘクタール以上の畑を所有し、ネッビオーロをメインにバルベーラとドルチェットを育て、年間生産量は約50,000本になります。

伝統を受け継ぎ、忠実に守るワイナリーとワイン畑から、テロワールとそこに育つブドウを表現した、特色のあるワインを作り出すことをこのワイナリーは目指し、この目的を達成するため、様々なことに気をつけています。例えば、背の高いブドウが最大限の日照時間が得られるよう、十分に間隔を置いて植えられ、また、よりしっかりと抽出ができるよう、マセラシオンには時間をかけます。それから、バリックは使用せず、中容量のスラヴェニア産のオーク樽のみで、ワインが自然に出来上がっていくのを邪魔しないよう、工程を最低限に抑えるという工夫をしています。

ワインに使用されるすべてのブドウはアルバ近郊のランゲの丘にある自社のブドウ畑で獲れたものです。ぶどうの木は高く、広く間隔をあけて植えられ、除草剤は用いずに雑草駆除を行います。

バルバレスコのネイヴェ村のモンテソッモと Borgese(ボルゲーゼ)にある2ヘクタールの畑は、南西にひらけており、1971年からそこでネッビオーロを育てています。また、Monforte d’Alba(モンフォルテ・ダルバ)村にある、標高380m、南西向きの急な斜面の粘土質と砂から成る Serra(セッラ)の1ヘクタールの畑では2004年にネッビオーロが植えられました。

バローロのノヴェッロ村には、Venola(ヴェノラ)という丘のふもとを流れる小川から命名された畑があります。これは南東向き、2ヘクタールほどの凝灰岩と石英砂の層から成る土壌でネッビオーロが植わっています。

バルベーラダルバとドルチェットダルバの生産地であるモンフォルテダルバの約2ヘクタールのManzoni(マンツォーニ)の畑では、西側斜面にバルベーラ、南斜面にドルチェットを植えており、バローロ地区に近接したこの畑で、タンニンが重要な、強いフルボディのワインが出来ます。

取り扱いワイン

 

Piemonte Rosso 2011

ピエモンテ ロッソ DOC 2011
タイプ:赤  容量:750ml

3080円(税込)

入荷待ち

 
 

Dolcetto d’Alba Superiore DOC 2018

ドルチェット・ダルバ・スーペリオーレ DOC 2018
タイプ:赤  容量:750ml

3080円(税込)
 
 

Barbera d’Alba Superiore DOC 2018

バルベーラ・ダルバ・スーペリオーレ DOC 2018
タイプ:赤  容量:750ml

3520円(税込)
 
 

Langhe Nebbiolo DOC 2009

ランゲ・ネッビオーロ DOC 2009
タイプ:赤  容量:750ml

4400円(税込)
 

Barbaresco Riserva DOCG 2008

バルバレスコ・リゼルヴァ DOCG 2008
タイプ:赤  容量:750ml

7920円(税込)
 

Barolo Riserva DOCG 2008

バローロ・リゼルヴァ DOCG 2008
タイプ:赤  容量:750ml

8140円(税込)
 

関連記事

ページ上部へ戻る