Moulin de Pesselieres

Moulin de Pesselieresムーラン ド ぺスリエール

【概要】
Le Moulin de Pesselières はルイ14世の統制時代から、世代を越えて伝えられてきた祖先伝来の変わらない方法で無添加、保存料不使用のヴァージン クルミオイルを作っています。2014年、アニーとヨアキム夫婦が引継ぐ。
【歴史】
1840年代にBerthelet家に造られたのが始まり。(Berthelet家は 2014年にこの蔵をアニーとジョアキムに譲ったムッシューMillériouxの先祖)1872年 道路開通に伴い、家の一部が解体されたことをきっかけにJalognesに蔵を移転。この地には旧石器時代、ガロ・ローマ時代のころから人が住み始めた形跡があり、原始的な道具、墳墓、墓地や墓石などの形跡が見つかっている。Jalogneの名は1136年のサンサチュールの修道院から独立し、小教区を設立した際に文書に現れる。Le Moulin de Pesselières(ル ムーラン ド ペスリエール)は400年前から一度も停止すること無く稼働している風車。以前は馬が石臼を引いていた。約一時間ほど石臼に挽かれて粗いペースト状になったクルミを小さな炉に移し、ゆっくりと約一時間ほど焙煎する。燃料は薪、またはクルミの搾りかす。その後「pression mécanique」と呼ばれる「機械圧搾法」でオイルを絞る。 アニーより、メッセージ。ここが大事!化学溶剤で抽出すると大量生産できるが、このムーランでは一切の化学溶剤や保存料は使用せず、圧力をかけてゆっくりと自然に抽出されたヴァージンオイルをつくっている。化学溶剤で生成されたオイルも「ピュアクルミオイル」と名乗る事ができ、世の中にはこういう製品も沢山あるが、ここで作っているものは昔ながらの伝統的な製法のもの。

そういうものを作れる、ムーランだから、引き継ぐ事を決意した。夫ヨアキムは以前、声優をしており、現在もパリで吹き替えや収録の仕事をすることもあります。アニーはナチュオロパシー(自然療法)を学び、造詣が深い。二人はパリに住んでいたが、このPesselièresに別荘を20年前から所有、バカンスはこの別荘で過ごしていた。別荘の隣人がムーランを引退する機会に、二人が受け継ぐ事を決意。一緒に働き、ノウハウを取得今年で3年目になる。
クルミは地元のもの。石の臼で粉砕し、ゆっくりと焙煎、そして抽出。無添加、保存料不使用のヴァージンオイルです。